塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

【外壁塗装】ラジカル塗料って??②

塗装の豆知識 2021.05.17 (Mon) 更新

皆さんこんにちは🙌

香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店リメイクハウスです😊✨

 

今回は前回に引き続き、「ラジカル塗料」についてお話しさせて頂きたいと思います。

前回の内容はこちら

 

○「ラジカル塗料」のメリット

・チョーキングが起きにくい

前回話した「チョーキング現象」が発生しにくいという特徴があります。耐候性が高いので外壁の劣化が遅いです。

そしてそれは、外壁のひび割れや水漏れが起きるのを抑制します。

・コストパフォーマンスが高い

ラジカル塗料は、他の塗料に比べて価格が安いです。

ですが、性能が落ちるわけではないので費用を安く抑えて外壁塗装をすることができます。

・低汚染性に優れている

汚れが付着しにくいため、外壁のツヤが長持ちします。

塗料には「ツヤ有り」か「ツヤ消し」がありますが、外壁を長持ちさせたいのであれば「ツヤ有り」をオススメします。

ツヤ消し塗料は添加物を混ぜることによって光沢を抑えているため、僅かに耐久性も落ちてしまいます。また、汚れなども付着しやすくなってしまいます。

加えて、「ツヤ消し塗料」の場合、少しですが価格も上がります。

ただ、最終的にはお客様の好みで決められるのが良いかなと思います😊

・作業性が高い

ラジカル塗料は伸びが良いのでローラーで塗りやすいので職人の作業もスムーズに進みます。

また、サイディング・モルタル・木部・鋼鈑など、どんな外壁にも塗装が可能という利点もあります。

 

○「ラジカル塗料」のデメリット

・新しい塗料のため耐用年数の実績が分からない

ラジカル塗料が発売されてから、まだ数年しか経っていないため、ラジカル塗料の耐用年数は14~16年と言われていますが、実際にはどれ程持つのか分かっていません。

・濃い色はできない

ラジカル塗料の主成分である「高耐候酸化チタン」は白色顔料なので、濃色を作ることが難しいです。

そもそも濃色は酸化チタンを使用しないのでラジカルも発生しないので、それに対しての耐候性に影響はありません。

濃色で塗装をしたい場合は他の塗料を選ぶ必要があります。

 

簡単にメリット・デメリットをまとめてみましたが、ラジカル塗料での塗装をお考えの方のご参考になりましたら幸いです😌✨

 

【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★

まずはお気軽にご相談下さい😌

ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です

無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら

リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら

★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】