塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします! 現場ブログ

塗装の豆知識の記事一覧

2022年1月17日 更新!

冬場の塗装は向いているの?

皆さんこんにちは🐶 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   冬場は『塗装が出来ない』と、思っていませんか?? そんな事はありませんよ👌 どの時期でも品質はそれほど変わりません。 しかし冬場の塗装は確かに気をつける点は多くあります😓 その注意点だけ守れば施工出来ます!! そこで、注意しないといけない事を簡単ではありますがまとめてみましたので参考にしてみて下さい🤔   【日照時間が短い】   日照時間が短いと夜露や霜が乾きにくく塗装が困難になります。   濡れていると塗料が薄まり耐久性が低下してしまいます。   屋根が濡れていると安全性が確保できないので乾くまで待たないといけません。   香川県では少ないですが、雪が積もれば施工出来ません。   冬場だけではないですが、雨が降り続けると施工出来なくなってしまいます。     梅雨時期は雨でスケジュール通りに進みにくいですが、冬場は湿気が少なく晴れた日も多くなるのでスケジュール通りに進みやすいです。   また、湿度が高いと塗料の乾燥(硬化)の速度は低下しますが、冬場は条件的には悪くないと言えます。   日照時間(太陽光)が短いのはデメリットです😢     注意点は多いですが『冬場でも塗装は出来ます』   そこで重要なのは、技術力があり安心できる業者選びです🧐   不安点や疑問点など、お気軽にご相談下さい😊   最後までお読みいただきありがとうございます。 【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年12月12日 更新!

【外壁塗装・屋根塗装】フッ素樹脂塗料って??

皆さんこんにちは🐶 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   今回は外壁塗料の【フッ素樹脂塗料】のお話をさせていただきます。   塗料以外でも使われているので皆さんも『フッ素樹脂』は聞いたことがあると思います。 例えば身近な物でいえば、フライパンなどに使われています。   熱や日光に強く、表面は水や油を弾くので汚れが付いても簡単に取れます。 その為、家庭用品から飛行機まで広い分野で使用されています。   では、【フッ素樹脂塗料】の特徴を簡単にご紹介します。   耐久性・耐候性 温度変化に強く酸化しにくい為、紫外線や雨水にも強い。   親水性 表面に水の膜を作る為、雨と一緒に汚れを落とす。   低汚染性 汚れが付きにくい。   美観の保持 光沢が長持ちします。藻やカビが付きにくい。   耐熱性 紫外線などによる劣化が少ない。     塗料はたくさんの種類があり、性能も様々です。どの塗料がベストなのかしっかり相談する事が大切です🤔     無機塗料の【MUGA】についてはこちらのブログを参考にして下さい🐾 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩ https://re-makehouse.com/blog/25648/ 【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年11月20日 更新!

【屋根塗装】MUGAfreeza(ムガフリーザ)ってどんな塗料?

皆さんこんにちは🐶 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   リメイクハウスで使用している塗料の中で一番オススメしているのが、無機塗料『MUGA(ムガ)』です。 【無機塗料ってどんな塗料?】こちらも参考に🐾🐾⇒https://re-makehouse.com/blog/25648/ 今回は無機塗料『MUGA(ムガ)』の屋根専用塗料 【MUGA freeza】についてお話させて頂きます。   特長としては、通常の屋根塗料に比べて遮熱性があり 退色や変色のスピードを抑えた塗料です。   「通常の屋根用塗料」と「MUGA freeza」比較 MUGA freezaは太陽光を反射して蓄熱を抑えてくれ、夏場でも家の中の温度上昇を抑え、省エネ・節電に繋がります。 さらに※耐候性も高く※低汚染性により塗膜の劣化を防いでくれるので、長期にわたり遮熱性能を保持します。 ※耐候性とは変形・変色・劣化等の変質を起こしにくい ※低汚染性とは汚れが付着しにくい塗膜   通常の屋根用塗料  ■太陽光の熱で室内温度が上がる、エアコンは強  ■室外機もフル稼働で、排出するCO₂(二酸化炭素)も増える     MUGA freeza  ■太陽光を跳ね返すため、エアコンは弱で部屋が快適  ■室外機から排出するCO₂(二酸化炭素)が減る    サーモグラフィーによる屋根モデルの表面温度(熱画像)  サーモグラフィーでの測定結果は、通常の屋根用塗料と比較して表面温度の差は約20℃でした。   優れた遮熱性能による高反射率 太陽光は波長によって紫外線、可視光線、赤外線という3つの領域に分けられます。 ①紫外線は塗膜の劣化の要因 ②可視光線は人が色として認識できる光の領域 ③赤外線は物質に吸収されると熱へ変化する 温度上昇の原因となる赤外線を反射するほどに遮熱性能が高くなります。通常のカーボン系塗料に比べ MUGA freezaは高い反射率を実現しています。   退色・変色リスクをコントロール  通常、遮熱塗料は太陽光の熱を吸収してしまうカーボンブラック(黒色顔料)を使わず遮熱性能を高めますが退色・変色のリスクがありました。  MUGA freezaは下の図の<一般混色><特殊黒顔料>に依存せず顔料の退色スピードを揃え、早く退色してしまうという不安を減らしました。 遮熱塗料の調色方法 〈一般混色〉 ◇紫外線に弱い顔料(黄)から退色していき  時間とともに塗膜が変色。   〈特殊黒顔料を使用〉 ◇カーボンブラックより漆黒性で劣るため  青等で補正するが、退色により変色。   MUGA freeza 〈変色制御混色〉  ◇耐候性の高い顔料で各顔料の退色スピードを合わせ   極端な一方向への変色を防ぐ。   樹脂量と光安定剤(HALS)を増やし退色スピードを可能な限り抑える  【退色の仕組み】樹脂が劣化し顔料が直接、紫外線などの影響受け変色・退色 ⇩⇩⇩ ⇩⇩⇩   【MUGA freeza】樹脂量と光安定剤(HALS)を増やして顔料の退色スピードを可能な限り抑える。 ⇩⇩⇩ ⇩⇩⇩   お読みいただきありがとうございました🐾🐾🐾 屋根塗装をお考えの方のご参考になりましたら幸いです😌✨   【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年7月24日 更新!

【屋根塗装】塗れない屋根材料!?

皆さんこんにちは🐶 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   皆さん、実は塗装ができない屋根があるということを知っていましたか? 塗装できないってどういうこと?と思いましたよね。 簡単に言うと、塗装をしても強度を維持できない程、傷みやすく弱い素材なので、塗装をしても意味がないということです。 今回は塗装できない屋根材の中でも代表的な「パミール」という屋根材について、わかりやすくお伝えしていきたいと思います!   「パミール」とは1996~2008年にニチハ株式会社で製造・販売されていた屋根材です。 このパミール、何がいけないのかと言うと、劣化すると「層状剥離」を起こしてしまうのです。 ミルフィーユのような層ができ、剝がれてくることを「層状剝離」と言います。 つまり、劣化して層状剥離を起こしているパミールの上からどんなに良い塗料を塗ったとしても、表層と一緒に剝がれてしまうのです。 そのため、塗装で対処することはできません。そうなると「カバー工法」や「葺き替え」で対処するしかありません。   安く済ませられるのは「カバー工法」ですが、雨漏りしていたり、下地の劣化が激しい場合はカバー工法はできないので「葺き替え」になります。   どんなに良い屋根材でも、適切な時期にしっかりメンテナンスをしなければ劣化していきます。 正しい知識を持った業者を選ぶことも大切ですので、依頼する場合は慎重に選ぶことをお勧めします😊   最後までご覧いただきありがとうございました😌   【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年7月10日 更新!

【外壁塗装】ALCって何?

皆さんこんにちは🐶 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   今日は「ALC」という外壁材についてお話をしていこうと思います。 1.「ALC」とは? ALCとは、軽量気泡コンクリートのことで、Autoclaved light-weight concreteの略です。 これを板状にしたものを「ALCパネル」と呼び、建物の内外壁、床、屋根などに使用されます。日本では1962年から生産され始めました。 ALCパネルの内部には、鉄筋マットやスチール金網を組み込んでおり、これによって強度を持たせています。内部に鉄筋で補強しているのは日本独自の製法になります。 ALCパネルは気泡があるため、軽量になり、パネルの中に空気層ができます。 空気層があることにより断熱性・遮音性が高く、火にも強いという特徴を持っています。 ただ、総合的な機能性を備える分、サイディングやモルタルなどの外壁材と比べると価格が高くなります。   2.「ALC」の注意点 ALCパネルは吸水性が高い外壁材なので、外壁をALCパネルにする場合は、凍害や水による劣化を防ぐために防水処理が必要となります。 また、防水処理として塗装等のメンテナンスを10年を目安に行う必要があり、メンテナンス費はある程度高額になってきます。 (寒冷地で外壁に使う場合、雨・雪・結露・水蒸気の水分などが入り込むことで凍害を起こす可能性が高まります)       ALCパネルは中高層建物、高層マンション、一般の住宅など幅広い用途に使われています。 工場で仕上げを施したパネル製品であるため、現場では取り付けるだけで工事が可能です。 そのため、外壁工事の施工時間を短縮することができるのです。 外壁を軽量化し建物への負担を減らしたい、外壁を長持ちさせたいとお考えの方は「ALCパネル」を検討してみてはいかがでしょうか😊 最後までご覧頂きありがとうございました🐶 【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年5月17日 更新!

【外壁塗装】ラジカル塗料って??②

皆さんこんにちは🙌 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   今回は前回に引き続き、「ラジカル塗料」についてお話しさせて頂きたいと思います。 前回の内容はこちら   ○「ラジカル塗料」のメリット ・チョーキングが起きにくい 前回話した「チョーキング現象」が発生しにくいという特徴があります。耐候性が高いので外壁の劣化が遅いです。 そしてそれは、外壁のひび割れや水漏れが起きるのを抑制します。 ・コストパフォーマンスが高い ラジカル塗料は、他の塗料に比べて価格が安いです。 ですが、性能が落ちるわけではないので費用を安く抑えて外壁塗装をすることができます。 ・低汚染性に優れている 汚れが付着しにくいため、外壁のツヤが長持ちします。 塗料には「ツヤ有り」か「ツヤ消し」がありますが、外壁を長持ちさせたいのであれば「ツヤ有り」をオススメします。 ツヤ消し塗料は添加物を混ぜることによって光沢を抑えているため、僅かに耐久性も落ちてしまいます。また、汚れなども付着しやすくなってしまいます。 加えて、「ツヤ消し塗料」の場合、少しですが価格も上がります。 ただ、最終的にはお客様の好みで決められるのが良いかなと思います😊 ・作業性が高い ラジカル塗料は伸びが良いのでローラーで塗りやすいので職人の作業もスムーズに進みます。 また、サイディング・モルタル・木部・鋼鈑など、どんな外壁にも塗装が可能という利点もあります。   ○「ラジカル塗料」のデメリット ・新しい塗料のため耐用年数の実績が分からない ラジカル塗料が発売されてから、まだ数年しか経っていないため、ラジカル塗料の耐用年数は14~16年と言われていますが、実際にはどれ程持つのか分かっていません。 ・濃い色はできない ラジカル塗料の主成分である「高耐候酸化チタン」は白色顔料なので、濃色を作ることが難しいです。 そもそも濃色は酸化チタンを使用しないのでラジカルも発生しないので、それに対しての耐候性に影響はありません。 濃色で塗装をしたい場合は他の塗料を選ぶ必要があります。   簡単にメリット・デメリットをまとめてみましたが、ラジカル塗料での塗装をお考えの方のご参考になりましたら幸いです😌✨   【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年5月13日 更新!

【外壁塗装】ラジカル塗料って??

皆さんこんにちは❁ 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   皆さん外壁塗装のことで業者と話す時に色々な塗料を提案されませんか? そんな塗料の一つに「ラジカル塗料」という塗料があります。 今日のブログはその「ラジカル塗料」についてお話しさせて頂きます🙌   ○まず「ラジカル塗料」ってなに?  「ラジカル塗料」とは「ラジカル制御型塗料」のことで、更に詳しく言うと「ラジカル制御型の酸化チタンを使用した塗料」のことを指します。    「ラジカル」とは塗料に含まれている顔料(酸化チタン)に、紫外線や水・酸素などが触れることにより発生する劣化因子のことです。発生したラジカルは、塗料にダメージを与えるため外壁塗装・屋根塗装の劣化の原因となるわけです。  そして、その劣化が外壁を手で触った時にチョークのような粉状のものが付着する「チョーキング現象」を引き起こしてしまうのです。↓↓   「ラジカル制御型塗料」はそんな劣性因子であるラジカルの発生を抑える効果があります。(完全に抑えられるわけではありません) 発生を抑制するために、「高耐候酸化チタン」と「光安定剤(HALS)」という2つの成分が配合されています。 高耐候酸化チタンは、酸化チタンから発生するラジカルを閉じ込めて制御するためのバリアを張ります。 光安定剤は高耐候性チタンのバリアから抜け出してしまったラジカルを捕まえて発散を防ぎます。 この2つの成分の働きによって、ラジカル制御型塗料の耐候性を高めてくれています😲   「ラジカル制御型塗料」がどういった塗料なのかは分かりましたでしょうか?😊 次回のブログではそのラジカル制御型塗料のメリット・デメリットについてお話しさせて頂きたいと思います🙌   最後まで御覧頂きありがとうございます😌✨   【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年5月8日 更新!

【外壁塗装】「有機HRC樹脂塗料」ってどんな塗料?

皆さんこんにちは❁ 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   昨日は香川県で過去最多の50人が新型コロナウイルスに感染したと発表されましたね😱 時短要請も延長に・・・ これはまだ長引きそうですね😭😭😭   さて、今日の内容は外壁塗装・屋根塗装に使用する「有機HRC樹脂塗料」についてお話ししていこうと思います😊   有機HRC樹脂塗料は以前ご紹介させて頂いた「MUGA」と同様、プレマテックスさんが開発した塗料になります。 「有機HRC樹脂塗料」と一括りに言っていますが、いくつか種類があり、それぞれに特徴があります。 ですが、どの種類も一貫して「超耐候性」と「超低汚染性」という性質を持っています。   なんと言っても期待耐用年数約30年の壁を越えるすごい塗料なんです!! 「塗るタイル」ともいわれる程です😲❗   リメイクハウスのショールームにも見本として有機HRC樹脂塗料である「タテイル2」と「タテイルα美館」を置いてあります。 詳しい情報を知りたい方はこちら↓↓ プレマテックス株式会社の製品情報   【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら ★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】

MORE

2021年4月29日 更新!

【外壁塗装】塗装工事の適した時期ってあるの?

皆さんこんにちは❁ 香川県宇多津町にある外壁塗装・雨漏り専門店のリメイクハウスです😊✨   久しぶりに大雨ですね😭 当然ですが、雨の日は塗装工事が出来ません😭 天候に左右されてしまうのが面倒ですよね・・・ では、塗装工事をするのに適した時期ってあるのでしょうか・・・・・?? 結論から言うとありません・・・・・ ですが、一般的には春と秋、具体的には気温が15℃~30℃、湿度が40%~80%程の時期が最適と言われています。 それは空気が乾燥していて塗料の乾燥が早いためです。 そうは言っても先ほど言ったように本当に最適な時期とはいえません。今日のように雨が降ることがあるからです。 つまり100%安心して塗装工事が出来る時期は無いと言うことです。 ですがやはり塗装工事が集中するのは春・秋です。そのため希望の日程が取りにくいということを予め考慮しておきましょう。 早めに業者へ問い合わせし繁忙期が来る前に契約や工事の日程などを決定しておくことをオススメします😊   【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★ まずはお気軽にご相談下さい😌 ご相談・お見積もり・外壁診断・雨漏診断は無料です。 無料お見積もり依頼・お問い合わせの方はこちら リメイクハウス御来店の御予約の方はこちら 【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★【☆】★

MORE